オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

原因にもなる

Sample ALT

包茎の治療をクリニックでしていないと言う人は少なくありません。
しかし、包茎が原因となって病気になってしまう可能性が高くなってしまう事は常識となっています。
亀頭が包皮によって包まれている事によって、亀頭と包皮間に恥垢が蓄積します。恥垢は匂いなどの原因にもなりますし、包茎は常に亀頭を湿った状態でキープする為、雑菌が繁殖し易い環境を作り上げてしまうのです。
それ故に、包茎は菌にとってとても良い環境なのです。
その為、何かしらの病原菌が亀頭に付着した場合、包茎かそうでないかによって、病気になるかならないかという違いが生まれてしまう場合があるのです。

種類

Sample ALT

包茎にはいくつかの種類が存在しており、その種類によっては手術が即適用される場合もあれば、そのまま治療をしなくても問題が無いという場合もあります。
もちろん、どういったタイプの包茎であっても、クリニックの治療を受ける事が最善策には変わりませんが、費用面などとの兼ね合いもあるため、手術をしなくとも問題がない場合には、手術をすることを見送って、遅らせると言うことも可能となっているのです。

包茎のタイプは、真性、仮性、カントンの3タイプです。
最も多いと言われているタイプが仮性です。これは、軽度から重度まであり、平常時に亀頭が完全に隠れている場合もあれば、半分程亀頭が露出していると言う場合もあります。勃起時には、亀頭が完全に露出したり、完全に露出しない場合もあります。しかし、亀頭が完全に露出しない場合でも、手で何の抵抗もなく完全に亀頭を露出する事が出来るのがこのタイプの特徴になります。
逆に真性やカントンの場合では、勃起時でも亀頭を完全に露出する事が出来ないため、勃起時に包皮をむいてみる事によって、仮性かその他のタイプかの判断を行なう事が出来ます。

真性の場合は、仮性とは違い、平常時も勃起時も亀頭は包皮につつまれた状態になります。また、真性の場合は、亀頭と包皮が癒着していたり包皮口が狭いため、平常時でも手でむいたりする事が出来ないという特徴があります。

真性とよくにているタイプがカントンです。カントンの場合は平常時ではかろうじてむける場合もありますが、包皮口が狭くなっているため、無理に剥いてしまうと亀頭が締め付けられてしまいます。
また、無理に剥いてしまうと、亀頭が包皮口によって締め付けられ、壊死してしまうと言う場合もあるため、早急な治療が必要不可欠です。

仮性の場合は、清潔にしておくことで大きな問題を引き起こす可能性を最小限に留めることが出来ますが、それ以外の場合は、適切な治療を受けることが必要不可欠です。

選び方

Sample ALT

包茎治療を受けるクリニックを選ぶ方法には色々あります。
単純に料金のみで選ぶのも1つの方法ですが、その結果として、誰が見ても包茎手術をしたとわかってしまっては意味がありません。
その為、包茎治療を行なったことがばれない程度の治療を行なってもらう事が出来るクリニックを選ぶのが大切です。
そうしたクリニック選びに役立つのがインターネットなのです。

インターネットでは、さまざまな情報を簡単に仕入れることが出来るようになっています。
その為、どういった治療を受けることが出来るのかということや、治療のクオリティ、病院の対応の良し悪し、料金についての高い安い等を簡単に調べられるのです。
そうした情報を掲載しているサイトでは、実際にクリニックを利用して包茎手術を受けた人の口コミ情報が元になっていることも多いのです。
実際に利用した人の情報は、何よりも役立つ情報だと言えます。
私達と同じ利用者視点での情報であるため、利用者の立場からみてそのクリニックがどうであったのかを知ることが出来るのです。

病院のウェブサイトなどではどれだけよく見えても、利用者となって初めて見える部分もあるため、実際に利用した人の口コミ情報は非常に役立つのです。